フリーのデザイナーってどんな生活してるの?一週間のルーティーン。

こんにちは。

勝手な月9とかドラマのイメージですが、
都内の合コン。
場所は六本木。
女の子「お仕事は何されてるんですか〜?」
男「フリーのデザイナーしてる。アパレル関係のね。」
女の子「きゃ〜!すごーい!カッコいい〜」
なんて会話が飛び交います。←完全に妄想。
ドラマのフリーのデザイナーってなんかすごいカッコ良く描かれていまね!
家とか事務所とかコンクリート打ちっ放しのスタイリッシュな感じでなんかソファがあって猫とか飼ってて。
そんなのを見てていつも思うんですが、

どんだけ稼いどんねん。

それ、家賃何十万のおうちですか?
猫なんかいて仕事できます?
デザイン画を描くだけが仕事じゃないでしょ?
ちょっと前に
渡辺直美が主演を務めるドラマ「カンナさーん!」と言うのがありました。
デザイナーの苦労が描かれていました。
最初はアパレル業界のドラマだと思って楽しく見ていましたが、、、、全然美化されてます
作中のデザイナーの苦労と言うと
『お客様の要望を答えるには、、どんなデザインが、、、』
とか
『次の企画のチーフデザイナーを決める為の奮闘』
とか描かれていましたが。
なんか違う。
完全にアパレル業界の現実を斜めから伝えていますね。
もっと現実は泥臭いんですよ。

アパレル業界の現実(夫婦共働きの私の場合)

<月曜日>
自宅兼事務所作業の為、11時くらいに起床。
先週の商談の内容をまとめる。
工場指示用の書類作成、お客様確認用絵型作成、水曜日商談までの提案絵型作成。
ずっとパソコンの前。
ご飯を食べるのも忘れて18時。
ああ。もうこんな時間。
子供を保育園に迎えに行き、子供の夕食、お風呂、寝かせつけて10時。
帰ってきた嫁と食事をし、11時。
またパソコンに向かう。
寝るの2時。
<火曜日>
火曜日。出向(お客様の会社に行き、企画作業のお手伝いをする。)
11時に渋谷の会社に。商談の手伝い。企画作業(グラフィック作成/店舗用POP作成/商品会議etc…)
途中お昼休憩で近くのケンタッキーに。
会社に戻り色々してたら23:00に。
そして帰宅。
<水曜日>
朝から取引先で商談。そのまま、ビーカー出し(色出し)で色々な生地を切ったり
パントーン(色見本帳)切って厚紙に貼ったり非常に地味な作業を繰り返す。
そのあとサンプルを検寸をし、修正コメントとして書類にまとめる。
そしてその間にもメールでグラフィック依頼が届いている。
<木曜日>
8:30起床。子供を保育園に送る。
9:00メールチェック。
月から水までメールで届いているグラフィックを作成。
ずっとパソコンの前で気がついたらまた深夜2時になっている。
<金曜日>
出向。火曜日と全く同じ内容を繰り返す。
<土曜日>
8:30起床。子供を保育園に送る。
その間に追加で頂いている依頼の作業。
18時。子供を保育園に迎えに行って、
子供の夕食、お風呂、寝かせつけて10時。
帰ってきた嫁と食事をし、11時。
またパソコンに向かう。
寝るの2時。
<日曜日>
10時頃起床。
子供と一緒に武蔵小杉グランツリーに行き、提案用サンプルを買い、
市場リサーチをし、子供を遊ばせ、帰宅。
そしてまた月曜日がくる。
独立してから4年間このルーティーンを絶賛ループ中w

こうやって文章にまとめると仕事ばかりですね。

フリーのデザイナーになって変化したこと。アパレル業界に入って変化した事(私の場合)

洋服の原価を知ってしまっているので高い服が買えなくなる。
そうなんです。洋服の原価を知ってしまうのです。
安いブランドもハイブランドも素材を見ればだいたいこれくらいの値段でできているかわかってしまうのです。
そしてコスパが良いものに反応してしまいます。
②オフ率に異常に反応するようになる。
これも①に似たようなものですがアウトレットモール、セールなどで高いものが安くなるとそれが素材などを加味した本当の適正価格になったりします。
この値段なら買ってもいいなと言う基準点ができます。
洋服の原価を知ってしまったが故の反応です。
③ユニクロのコストパフォーマンスが異常に高い事に気づく。
そうなんです。
やはりユニクロのコスパは非常に高いのです。
異常レベルです。
やはり大量生産のメリットはコストに出てきます。
しかも品質まで最強。
そこらへんのブランドよりよっぽど良いものを安く作っています。
④ほとんど、家なので着てるものいつも一緒になる。
けっこうスエット上下で生活したりしてます。。。アパレルなのに。。
⑤領収書、レシートが机の上に散乱する。
もうそれはそれは。
整理してるつもりなんですが。
なんかもう散らかっちゃうんです。
⑥パソコンのメンテナンスも自分でしないといけない為、なんかオタクみたいになる。
全て自分で何でもしなくてはいけません。
パソコンのメンテナンス。
機種の知識。
ソフトの知識。
元々壊れたパソコンを直して使っていたくらいなんで嫌いではないですが。
けっこう秋葉原とか行ってました。
たまに思うんです。
ファッション好きにならなかったらパソコンオタクになっていたのかもしれないと。
⑦常に仕事優先になる。
これは仕方ないですが本当に常に考えてます。
仕事とかお金を儲ける方法とか。
サラリーマン時代より考えてます。
こんなに考えるものとは思いませんでしたが、
『従業員脳』から『経営者脳』に変わったのだと思います。
自分には経営者は無理だと思ってる人も独立したら必ず経営者脳になるんだと思います。
自分がそうでしたので。
⑧今あるお金は将来どうなるか不安の為、あまりつかえなくなる。
独立すると毎月の収入は増えます。
と言うか増えないと独立する意味はありません。
ですがお金持ちになったわけではありません。
サラリーマンだとさすがに来年会社が潰れるとか思いませんが
フリーだと来月仕事がなくなる可能性すらあります。
なのでお金は簡単に使えないのです。
なんだかんだ言って安定した収入は心の支えになります。

フリーのデザイナーなんてこんなもん。

どうでしょう??
これが現実です。
どこかでは華やかなフリーのデザイナー生活をしている人もいるかもしれません。
しかし私の場合はこんな感じです。
さー、今日もPANTONE(パントーン)でプリント色の指示でもするか。
あ、ANTONE(パントーン)とは色見本帳の事です。
アパレル業界で必ず使う色見本
『PANTONE』
PANTONE-CとPANTONE-TPXをよく使います。

けっこう地味な作業です。

いや、楽しいですよ。
それなりに。
多分、仕事が好きなんじゃないかと思います。(たまに発狂しそうになりますが)
本当は、ドラマの世界に憧れを抱いてますが、、暇より忙しいほうが良い!
精進します。
では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です