島根のイケてるお店

こんにちは。

私、実家が島根県出雲市であります。

家の周りは田んぼだらけでお洒落なカフェや洋服屋などはちょっと遠い松江や米子に行かないとありませんでした。

しかし最近そんな出雲が激変をとげております。

地元の3人に1人は働いているのではないかと言う超優良企業「出雲村田製作所」の雇用人員拡大でアパートが立ち並び外国人の方が増えています。

市内には大型ショッピングモールの「ゆめタウン」や「イオン」、近年「ドンキホーテ」もでき、生活は非常に便利です。

また出雲大社もすぐ近くにあり、非常に魅力的な街になってきています。

出雲は人口は増えています。

そんな島根を改めて見つめなおそうと思い、地元にあるお店を再リサーチ。

そして今回帰省中に行ったお店、今後行きたいお店を紹介します。

それではスタート!

出西窯(しゅっさいがま)

出西(しゅっさい)と言う地区にあります。

僕の実家からすぐ近く、親戚や友達が住んでいます。

ここには『出西窯(しゅっさいがま)』と呼ばれる窯元があります。

出西窯公式HP

出西窯(しゅっさいがま)は島根県出雲市斐川町出西にある窯元。また、そこで焼かれる陶器

袖師や丹波、益子、唐津などで修行を積んだ地元出身の5人の青年によって開かれた。1947年の開陶と歴史は浅いが、柳宗悦バーナード・リーチ河井寛次郎といった面々の指導を受け、モダンな作風で独特の世界を切り開いた。出西とは出雲の西という意味である。窯元は出西窯一軒だけであるが、窯主を持たない共同作業場となっており、土捏ね、轆轤回し、焼きなどの工程一つ一つが共同作業となっているのが特徴。丈夫で安価で飽きの来ない「無銘の実用陶器」が共通理念であり、大衆向けの民陶として知られる。一方、粘土から釉薬、薪に至るまで原料は全て島根県産で通すなど、強いこだわりも見られる。

wikipediaより引用

ここで焼かれる陶器は綺麗な青色が特徴でその色は『出西ブルー』とも呼ばれ人気があります。

なんとこの陶器、超有名セレクトショップ『BEAMS(ビームス)』でも取り扱われているんです。私、仕事でもお世話になっております。

BEAMS出西窯販売ページ

詳しい情報はこちら

マニマニマグ『島根「出西窯」のシンプルな暮らしの器。若い世代にも人気のワケとは』

場所は出雲大社のある島根県出雲市です。JR出雲駅より車で15分。出雲縁結び空港から車で25分。と言う場所。

島根旅行の際はレンタカーを激しくオススメします。

島根は観光スポットがめちゃめちゃ離れています。確実に車があった方が楽しめます。

出西窯

〒699-0612 島根県出雲市斐川町出西3368

営業時間9:30〜18:00

TEL 0853-72-0239

地元なんで言いますが、ちょうド田舎に建っています。

しかし店内はオシャレです。

島根観光の際は是非。

実はこの出西窯は数年前からあったんで何度か行ったことはあったのですが、

今回の目的は、このちょうド田舎にアパレルショップができたとの噂を。

その店は、『Bshop出西店』

出西窯の目の前に出現しておりました。

(HOUYHNHNMより画像転載)

Bshopと言えば全国に27店舗を展開する高価格帯のオシャレセレクトショップ!

Bshop

なぜ、、、なぜ出西に!?

と思い検索すると、私の大好きなファッション情報サイトHOUYHNHNM(フイナム)に記事が載っている!!

HOUYHNHNM-麗しき文化の風が薫る、ビショップ 出西店に行くべき理由。

そこに答えがありました。

”「出西窯」のショップである「くらしの陶・無自性館」のベンチに座った「ビショップ」の創業者が、「ここにお店があったらいいな」と夢想したことからこの話はスタートしたそうです。というのも、もともと「ビショップ」では「出西窯」の器を取り扱っており、その付き合いは10数年に及んでいたのです。

長き構想を経て、ついに動き出した「ビショップ 出西店」の開店プロジェクト。お店を作るにあたり、参考にしたのが「ビショップ」の系列ホテル「ホリデー ホーム(HOLIDAY HOME)」。“暮らすように泊まるホテル”というのがテーマだけあって、訪れた誰もが心休まる空間である「ホリデー ホーム」のマインドを、今回は「ビショップ」流にアレンジしています。”

HOUYHNHNMより引用

素晴らしい。

本当にありがとうございます。

そして店内を見ると名だたるブランドの数々。

『Barbour(バブアー)』

『デサント水沢ダウン』

『モンベル』

『ORCIVAL(オーチバル)』

すげぇ。実家から車で8分の場所に。都内でしか見たことのないブランドが。

そして代官山にいそうなおしゃれスタッフ。

なんども言いますがここはちょうド田舎であります。

見渡せば田んぼです。

そしてうちのオカンが一言。

『高いよね。』

そりゃそーさ!このブランドの価値はオカンにはわかんないでしょうよ!

 

。。。。あ、これが島根の現実だ。

私はブランドの説明をしました。

バブアーは元々イギリスの漁師や港湾労働者の人たちの為の作業服でね、油を染み込ませた生地がね、、、うんぬん、、これは水沢ダウンっていってね、オリンピック選手用に開発されたダウンでね、、、うんぬん

するとオカンが言いました。

『そんだけ良い物だってわかると欲しくなるね。』

 

Bshop出西店のスタッフさん。

接客すれば売れますよ!

田舎の人たちはそんなもんです。

スタッフさんがオシャレすぎて話かけれないんです。

なので少しでも良いので声を掛けてあげてください。

田舎の人って結構お金もってるんで。

特に高齢者は良いカモになります!

Bshopの場合はセレクトされてる商品が間違いないものばかりなんで普通に喜ばれると思います。

とBshopに興奮しながら店の外を見ると。

 

『あ、あれはなんぞ?』

島根県のグルメ・観光スポットナビ|島根旅行ならトリセツシマネ!より画像転載

どうやらこれは『パン屋』らしいです。

こんなオシャレパン屋が出西に!

ル コションドール出西

〒699-0612 島根県出雲市斐川町出西3368

営業時間9:30〜17:30

TEL 0853-27-9123

くわしくはこちらの記事

島根県のグルメ・観光スポットナビ|島根旅行ならトリセツシマネ!

残念ながら私の行った1月2日はお休みでした。

なので次回行ってみたいと思います。

いや〜、出雲もどんどん進化していくな〜。

しかし、出雲の進化はこれで終わりません。

それは妹夫妻との会話の中で出てきたお店。

THE PARK IZUMO

なにやらむちゃくちゃ高い服が売っているとの事。

どんなブランドが売っているのか気になりました。

そしてみんなで出雲大社へ参拝した帰り道寄ることにしました。

THE PARK IZUMO

島根県出雲市塩冶有原町2-10-1

11:00〜23:00

TEL 0853-25-8735

そして田舎あるあるの無駄に広い駐車場に車を止め、看板が見えた。

おお!!

中に入ってみましょう。

googleより画像転載

おおおーーーー!!!!

代官山、原宿と比べてもまったく劣っていません!!

アパレルショップ以外にもカフェが併設されております。

では店内へ、

googleより画像転載

 

おおーー!!

 

おお!?

 

こ、これは、、、

マルジェラ ーーーーーー!!!

出雲で、

実家からすぐのところに

マルジェラ ーーーーーー!!!

そしてよくよく店長さんの着ている服を見ると

マルジェラ ーーーーーー!!!

こんなおしゃれな人、島根で見たことありません。

その他取り扱っている商品を見ると

『アレキサンダー・マックイーン』

『ドリス ヴァン ノッテン』

『ロンハーマン』

『TOMORROWLAND』

etc…

その他こちらを参照

FASHION PRESSザ パーク出雲

とTOPクラスのブランド達が。

失礼ながらこんな田舎でこのブランドの価値がわかる人はいるのかと聞くと、

『売り上げは右肩あがりです。』

との事。

私、嬉しいです。

出雲が、どんどんオシャレな街になっていく。

もう米子や広島や大阪に行かなくても、

こんなオシャレな空間が体験できる。

って事で次回はカフェにも行こうと思います。

THE PARK公式HP

THE PARK ONLINE SHOP

そういえばカフェと言えば、妹の友人がオシャレなお店を出したそうで、それが

J’s kitchen

instagramより転載

J’s kitchen

<営業時間>
Lunch 11:00~15:00(L.O 14:00)
Tea Time 14:30~17:00(L.O 16:00)
<定休日>
月曜・第2日曜
島根県出雲市斐川町直江4927-1

J’s kitchen公式HP

2019年12月3にオープン!出来立てです。

店内もすごく洗練されていました。

時間がなかったので何も食べててはいませんが、、

次は行ったら絶対パフェ食う。

やはり出雲の発展は止まりません。

この他まだまだお店はあります。

まだ見つけてないお店、噂では聞いているが見れてないお店、

自分の目で確認したら記事にして行きます。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です