世田谷区民と高級車。

こんにちは。

私車が大好きです。就職して3年目には葛飾区小岩に住みながらも車に乗ってました。

その時乗ってたのは格安で購入したセフィーロワゴン。

よく走ってくれました。

時は経ち、二子玉川に引越しました。

世田谷区です。二子玉川に住み始めて感じたのが家の駐車場に止まっている高級車の多さ。

BMW、BMW、アウディ、ベンツ、ベンツ、フォード挟んでベンツ、アウディ。

「ふぅ。さすが世田谷区だぜ。」

と単純に金持ちが多いんだなと思っていました。

そして私は調子に乗ってフォードエクスプローラーを購入しました。(価格は30万円、、、)

そして時は経ち結婚and引越し。

田舎者発想にありがちなステータスである世田谷区を離れたく無い私は千歳船橋に引越しました。

「イエイ!環八内側に昇格!」

千歳船橋は世田谷区。見渡せばやはり高級車。ゲレンデ、カイエン、マガン、アウディ、ベンツ、BMW、レクサス、ボルボ、フォルクスワーゲン。

「みんな何の仕事してんだろう?高所得者である事は間違い無いけど」

相変わらずそんな事を考えながら日々暮らしてました。

そして早6年。

私の車はクルーガーを挟み、ベンツEクラス(57万円、、)→ベンツMクラス(54万円、、)と格安ながら憧れのベンツに乗る事ができるようになりました。

そしてベンツと過ごす事で気がついた事がありました。

「世田谷区民はなぜ高級車を買うのか?」

その答えは「安全性」と「資産性」

近所に並んでいる高級車をよく見るとドイツ車が多いです。

ドイツ車は安全性が高いと言われています。

ドイツにはアウトバーンと呼ばれる最高速度無制限の道があります。皆さん200キロ位で走るそうです。

当然事故もありますがドイツ車はそんな速度の事故を想定して車造りをしています。

よく「ドイツ車は固い」とか言いますよね。あれマジなんす。ググると色々出てきます。

日本車の作りは120キロの壁に甘んじている所があると、車評論家が言ってました。←誰だか忘れたけど。

衝突安全性の実験などありますが、それ以上のスピードで事故を起こしたとき、ドイツ車の方が安全である。クラッシャブルゾーンうんぬんと言うか、物理的に潰れない方が生存確率上がると私は思ってるんです。

と、とにかく安全性に対してお金が出せると言うのが世田谷区民に多いと思ってます。

その証拠にスバル車率も実は結構高いです。フォレスター、レヴォーグ、XVなどもよく見ます。スバル車は世界的に見ても安全性が高いと言われています。

そしてもう一つのキーワード「資産性」

例えばゲレンデヴァーゲンを1000万で購入したとします。5年乗ってもほとんど価値は落ちません。レクサスLXも同じです。新車で買ったベンツを3年で回していくとリセールを考えると実はけっこう行けちゃいます。

私、中古のEクラスを54万円購入で10万キロオーバーでしたが、なんと25万円で売れました。

1万円くらいでしか売れないと思ってましたがビックリしました。

と、ベンツにはブランド価値があり資産性も高めだと知りました。

と言う事で「安全性」と「資産性」を考慮して車選びをする人が世田谷区には多いと言う結論でした!

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です