ワードプレスで快適にブログを書けるようになるまでの道のり

こんにちは。

今回はワードプレスで快適にブログを書けるようになるまでの道のりを忘備録として綴ります。

ちなみにワードプレスを導入し、自分のオリジナルブログを作成できるまでの方法は

この『ヒトデブログ』さんが一番分かりやすく説明されています。

そこらへんの参考書買うよりよっぽど分かりやすいです。

私自身、このブログを立ち上げる時に色々探してヒトデブログさんに出会い無事サイトを立ち上げることができました。

リンクです。

ヒトデブログ

ワードプレス導入後

ワードプレスで謎だったのが、ワードプレスをダウンロードする、設置するとか色々なブログに書いてありました。

私は

『ダウンロードってことはパソコン上にソフトウエアとしてインストールす事だよな。って事はデスクトップにもノートにもインストールしなきゃいけないのか。』

と思ってました。

アドビのイラストレータやフォトショップなどはそうやって使っています。

しかし違ってました。

正解はネット上の自分の登録したサーバーにダウンロードする。(違ってたら教えてください。)

つまりネットに繋がる環境があればどこからでもワードプレスをを使用できるのです。

なので会社のパソコンからでもワードプレスを操作することができます。

しかし疑問はどんどん出てきます。

次に疑問に思ったこと。

投稿したら文字が詰まっている。

文字が詰まっているんです。文章の上下が近すぎるんです。

超読みにくいと言うか読むのが嫌になる。

調べると文字を詰まらなくする方法とか色々出てくるのですが

難しすぎてわからない。

よし。参考書を買おう。

私は近所のツタヤに行き

『いちばんやさしいワードプレスの教本』
を買いました。ネット上でも評判の良い本です。

早速投稿のページを読みます。

ふむふむ。

ん?

投稿ページの画面が違う。

私のワードプレスと教本に載っている投稿ページのボタンやらフォーマットが違うんです。

『なんでだ。ああ、そうか。きっとこの本は最新バージョンのワードプレスに対応できていないんだ。』

怒りがこみ上げてきました。

怒りの矛先はワードプレスにも。

『なんでフォーマット変えるんだよ。』

冷静になれ、こんな風に思ってる人はたくさんいるはずだ。

調べてみよう。

そしてたどり着いたこのサイト

【2019年最新】WordPressの使い方を徹底解説!初心者向けのおすすめ設定も

 

この記事を読んで行くと旧フォーマットに変更することができる記事が書いてあったのです!!

結論

『Disable Gutenberg』というプラグインをインストールする。

すると、教本通りの画面になりました。

本当に、本当にありがとう。心より感謝しました。

それからと言うものこの教科書通りに進める事ができました。

『いちばんやさしいワードプレスの教本』

まじで簡単わかりやすすぎる!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]
価格:1706円(税込、送料無料) (2019/7/12時点)

楽天で購入

 

 

 

無事記事を記入できるようになった私は次の疑問にぶつかりました。

プラグインとは何?

ワードプレスのメニューの項目に『プラグイン』と言うものがあります。

何これ?

無視できるものであれば無視をしたい。

しかしどうやら無視できないものらしい。

『そしてインストール済み』とか『新規追加』とか書いてある。

んで新規追加をクリックするとこんな画面に。

おお??

これは何となく見たことがあるような、、

あ、『App STORE』

そう、アイフォンでアプリを落とすあの画面。

しかも★マークで評価まである。

つまりプラグインとはアプリのようなもので

ワードプレスの機能を強化するもののようです。

このプラグンを駆使しながらブログやサイトを構築して行くようです。

先ほどの旧フォーマットにもどす『Disable Gutenberg』もここでインストールしました。

『テーマ』とは何?

なんか自分のブログさっぱりしてるな。

と言うかなんか他の人たちのページと違うな。

なんでだろ?

どうやら『テーマ』と言うものがあるらしい。

調べたり、使ったりして分かっていきました。

簡単に言えば『背景の着せ替え』。ラインのトークルームの着せ替えに似ています。

そしてテーマには無料のものと有料のもがあるらしい。

有料のものは調べると大体¥10000くらいします。

高っ!!

私は無料のテーマで作成することにしました。

最初に使っていたのは『simplicity2』と言うテーマでした。

色のを変更したり、トップ画像を作ったりそれなりの見え方になったのでとりあえずは満足していました。

しかし他の人達のブログを見ていて何か違う。何か物足りない。

みんなテーマは何を使っているんだ?

と疑問を持つようになりました。

人のサイトのテーマを見る方法はあるのか??

あったんです。

しかも無料で。

そのサイトを紹介します。

WHAT WORDPRESS THEME IS THAT?

 

ここに気になるサイトのURLを打ち込むと出てきます。

(ワードプレスで作成されているサイトであれば出てきます)

そして私は出会ってしまいました。

『SANGO』に。

SANGO(サンゴ)は有料テーマです。

リンクです。

SANGOダウンロード購入

そしてこのSANGOを開発しているのが『サルワカくん』です。

サルワカ

このサイト、ワードプレスやデザインの仕方など非常に勉強になります。

SANGOを導入

サンゴを導入すると自分のサイトが見違えました。

おお!そう、これこれ!

って感じです。

色々いじってみて自分の色を出したサイトに。

まだまだだが外観はとりあえず満足。

よし。

記事を投稿しよう。

そこで投稿画面を開きました。

いつも通り記事を書き公開!

ん?

なんかいつも通りでサッパリしているな。

何が違うのかな??

あ、サンゴ特有の吹き出しや、見出しがない!

どうすればいいんだ??

そして私はサルワカサイトに行きサンゴの使い方を調べました。

どうやら『スタイル』のタブから色々選べるようです。

ふむふむ。では早速。

無い。スタイルタブが無い。段落の横にあるはずのスタイルタブが無い。

色々いじっていると原因がわかりました。

それは『TinyMCE Advanced』と言うプラグインを有効にしていた事が原因でした。

無効にして投稿ページに戻る。

おお!!段落の横にスタイルのタブが!!

しかしです。

無いのです。

文字のサイズを変更するタブが。

心が折れそう。

がしかし、私は諦めません。

文字サイズを変更できるプラグインがあるはず!そして発見!!

『Ultimate TinyMCE』

こいつを使ってエディターをカスタマイズ!

設定の中の『文字サイズボタン』にチェックを入れる!

すると右のほうに『12pt』と文字を変更できるタブが出現!!

こうして私は快適に記事を書けるようになりました。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です