ノースフェイスのアウターはユニクロ、GUと相性が良い。

こんにちは。

みなさんご存知、アウトドアブランドTHE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

1966年アメリカで創業。1968年にカリフォルニア州サンフランシスコにてダグラス・トンプキンスとその妻スージー・トンプキンスによって設立。

アウトドア用品や衣服、登山用具の制作・販売を手がけるアメリカの企業。

日本では(株)ゴールドウィンがライセンス契約して販売している。

最近ではストリートブランドのSupreme、コレクションブランドのSACAI などとコラボし、人気のブランドです。

ではなぜこのようなアウトドアブランドがユニクロ、GUと相性がいいのか??

それはスタイリングの話ではありません。

トリクライメイトジャケット

ノースフェイスには『トリクライメイトジャケット』と言うシリーズがあります。

これには

「ジップインジップ」と言うシステムが採用されています。

このアイテム。

めちゃめちゃオススメ。

アウターとインナーのセットになっている商品です。

春や秋は中綿のインナーを外してさらっと羽織る。

冬は合体させてしっかり防寒。

オールシーズン着回しが可能!

しかし真冬だとやはりダウンが必要になります。

この商品はインナーが中綿ジャケットなのでやはりダウンにはかないません。

そこで脱着可能なダウンを探すと、、

ありました。

アコンカグアジャケット。

しかし、

¥26784

高えぇ。まーダウンなんでこれくらいの値段はしますよね。

んん、、、

もうちょいなんかないかな。。

そこで色々探しました。

んで、見つけた。

C49FEFF9-BF10-43B7-AEB2-62F5F9BBCCE9.png

GUダウンジャケット。

2017.1.8でセール価格4900円。

これ、バッチリ合体できました。
脱着可能インナーになるんですよ。
ジップの長さに注意が必要ですが。
あと、ちょっとモコモコになりますが。
ノースフェイスのSサイズに対して、GUダウンのMサイズがバチっとハマりましたが、必ず一回試してください。
しかし、あのサイズがバッチリハマったときの快感。
ノースフェイスのインナー用に作られているんじゃないかと思うくらいでした。
私はこれだけでは満足しませんでした。
次はユニクロへ。
おお?もしやこれはいけるのではないか?
6D58980D-C570-4901-9005-F2A08D964E16.png
ああ、合体できた。
素晴らしい。
しかも安い。
¥1900
ノースフェイスからもフリースジャケット脱着タイプ出てるんですが約10倍のお値段です。

脱着できる秘密とは?

そろそろお気づきかと思いますが、脱着部分のジッパーが合えば何でもいけます。
このアイテムに使われているジッパーは
YKKビスロンオープンファスナー5号サイズ』

これが使われていれば大体OKです。

このよく見るプラスチックのファスナーをビスロンファスナーと呼びます。
(ファスナーには様々な種類があります。金属でできているもの、コイルでできているもの、ノースフェスのファスナーの
形状をよく見て確認してください。)
サイズ展開は3号、5号、8号、10号など様々です。
数字が大きくなるのにつれて大きさも比例します。
一般的にに洋服に使われているのが5号が多いです。
(防寒アウターなどは8号や10号使われている場合もあり)
様々な商品にこのファスナーが使われていますので色々試してみると面白いですね。
注意点としてはなるべくYKKと書かれているファスナーにしてください。
大きさと形状が合えばハマってしまうのですが、たまに安いファスナーを使っている商品があります。
中国のローカル工場で作られたファスナーです。
このようなファスナーをノースフェイスのYKKファスナーと合わせると、壊れてしまう場合があります。
YKKのファスナーを推奨します。
他にも合体できたと言う情報ありましたら更新していきます。
では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です